PULSTECパルステック工業株式会社English
お問い合わせ営業日案内サイトマップ
トップページ製品情報研究開発サポート情報IR情報会社情報採用情報
トップページ > 研究開発
研究開発 Research & Development
Office & Agency
主要事業所案内(営業所)
関連会社・代理店案内

新規事業への取り組み ヘルスケア関連分野
 
   
 
ヘルスケア分野(新たな取り組み)
 
当社は、ヘルスケア関連の将来性に着目し、DVDやBlu-rayなどの光ディスク分野で培った要素技術を応用展開することによって、関連製品の受託開発や試作などを行ってまいりました。
平成26年6月24日付で、静岡県知事から医療機器製造業許可証の交付を受け、医療・臨床研究検査機器や理化学研究支援機器などの受託開発から試作、OEM生産、アフターメンテナンスに至るまで、お客様の幅広いニーズに即応できる体制を整えました。
PDF 医療機器製造業許可証の交付に関するお知らせ(PDF 95.2KB))
 
 
『技術知識と経験に基づくご提案』
 
  当社は、光学、精密機械、電子、ソフトウェアなどの先端技術を複合させた製品開発を得意としています。
この技術は、様々な分野への応用展開が可能であり、将来性が極めて高いヘルスケア、医療機器分野への布石として、平成18年からヘルスケア関連の自社製品開発や医療機器の受託開発、試作などを手掛けるなど、多くの経験と実績を積んでまいりましたので、お客様のニーズに最適なご提案をさせていただきます。
テーマの大小に関わらず、お気軽にお問い合わせください。
 
『一貫した生産管理体制』
 
  当社は、製品開発における仕様検討から設計、製造、検査(試験)、アフターサービスに至るまで一貫した生産管理体制を構築しており、試作はもとより大小様々なロット生産を含め、お客様のご要望に応じて柔軟に対応いたします。
 
『品質管理体制』
 
  当社は、医療分野における品質マネジメントシステムの世界標準規格である「ISO13485」の審査を終了し、平成27年8月18日付で登録通知書を受領しました。
今後は、国際標準規格に適合した医療機器の試作開発から設計、製造、メンテナンスに至るまで、一貫した品質管理体制のもと、評価試験や書類の整備点検、さらにリクスマネジメントにも積極的に取り組むことにより、医療機器製造におけるトレーサビリティを一層高め、常に高品質で安定した性能の製品をお届けします。
PDF 「ISO13485」審査登録に関するお知らせ(PDF 123.4KB))
 
『ヘルスケア関連OEM受託開発・製造』
 
 
当社は光学、電気、精密機械、ソフトウェアなどの要素技術をコアとし、仕様検討から製造、アフターサービスに至るまで一貫したシステム・ソリューションを提案いたします。
 
 
対応例
 
バイオ産業支援機器
 
  大学や公的研究機関などで必要とされる理化学機器や研究支援機器の中には、市販品では対応できない仕様も多く、当社ではそれぞれのニーズに適合したカスタム製品を数多く手掛けています。
 
蛍光検出ヘッド
 
 
画像:蛍光検出ヘッド

リアルタイムPCR、フローサイトメータ、電気泳動などのDNA/RNや蛋白質などの定量分析機器には、ターゲットに最適化された試薬を用いて蛍光検出を行います。これらは蛍光スキャナまたは蛍光イメージャと呼ばれ、一般的には顕微鏡に踏襲され大型になってしまいます。
当社は、光ディスク評価技術で培った光学技術、高感度光電変換処理技術を応用し、高輝度LEDや高感度PDを活用することにより、小型で安価な蛍光検出ヘッドを開発し提供しています。

 
高速リアルタイムPCR装置
 
画像:高速リアルタイムPCR装置 画像:計測画面 画像:計測結果
  社会問題となっている高病原性鳥インフルエンザ等のパンデミックの防止策として、早期診断の必要性が高まったことから、高速かつ確実な診断方法の確立を目指して、CCDタイプの蛍光検出ヘッドを搭載したカード型高速遺伝子増幅装置(RT-PCR)の開発に取り組みました。
これは、東京バイオマーカー・イノベーション技術研究組合として取り組んだテーマです。
 
波面センサを応用したアイケア用システム
 
画像:コンタクト、眼内レンズ測定 画像:アダプティブ・オプティクス(adaptive optics)
  波面センサは、主にカメラ用レンズの評価に採用されています。
アダプティブ・オプティクス・システム(Adaptive Optics System)は、波面センサと空間光変調器(SLM等)制御技術(次世代光ディスクのホログラム記録に使用されている技術)を融合した、目の眼底画像の解像度を上げることを目的とした装置です。
波面センサを使用したことにより、眼球、眼内レンズ、コンタクトレンズなどの対象物の計測を定量化できるほか、様々なシミュレーションができるので、品質管理やテーラーメイドアイケアなど、目的や用途に応じて独自システムを構築することができます。
 
耳鼻咽喉科用手術ナビケーションシステム用3Dスキャナ(FSCAN)
 
画像:FSCAN
画像:耳鼻咽喉科用手術ナビゲーションシステム
FSCAN
画像:義肢、人工関節、人工骨、歯型計測 CTデータやCADデータとの
マッチングにより、 さらにフィットしたオーダーメイド医療へ!
 

本システムは、内視鏡を用いた耳鼻咽喉科手術の医療過誤の防止と患者への負担を軽減することを目的として開発された国内唯一の手術ナビゲーションシステムで、予め取得した患者のCT画像に、「FSCAN」で取得した患者の顔と手術器具の3Dデータをマッチングさせ、手術器具の先端がCT画像のどこにあるかをリアルタイムで表示するシステムです。
従来システムのように顔や頭に器具を付ける必要がないので患者の負担がなく、術者は手術器具の先端と脳や視神経との位置関係をリアルタイムで把握できるので、内視鏡による手術を安全、確実に行うことができます。
当社が担当したF-SCANは、光の干渉縞を利用してリアルタイムに3Dデータを取得する格子投影方式を採用し、光源には手術室の照明の影響を受け難い高輝度LEDを使用することにより、高速・高精度に患者の顔と手術器具の3Dデータを取得することができます。
本システムは、浜松地域知的クラスター創成事業に採択されたテーマであり、浜松医科大学様と地元企業との共同研究としてスタートし、産・学・官連携や医工連携の成功事例としても多方面から注目されており、平成24年3月5日付で薬事承認され、永島医科器械株式会社様にて販売しています。

 

●お問い合わせ先

パルステック工業株式会社
担当 : 営業部 山本裕一
TEL : 053-522-3611 FAX : 053-522-3666

お問い合わせ

 研究開発のトップへ


 トップページへ戻る




プライバシーポリシー