PULSTECパルステック工業株式会社English
お問い合わせ営業日案内サイトマップ
トップページ製品情報研究開発サポート情報IR情報会社情報採用情報
トップページ  >  新着情報履歴  >  第9回インフラ検査・維持管理展 出展のご案内
新着情報履歴


  
 第9回インフラ検査・維持管理展 出展のご案内

 展示会 第9回インフラ検査・維持管理展

会期中は多数のご来場ありがとうございました。
製品に関するお問い合わせは、どうぞお気軽にお寄せ下さい。
開催日
2017年7月19日(水)〜21日(金)
10:00〜17:00
場所
東京ビッグサイト 東ホール 小間番号:1D-21
展示製品
ポータブル型X線残留応力測定装置 μ-X360s
コンセプト

『インフラ検査・維持管理展』(主催 一般社団法人日本能率協会)は、橋梁・道路・トンネル・農業水利施設・上下水道施設などの社会インフラの検査と維持管理を対象にした国内唯一の展示会で、弊社は、『ポータブル型X線残留応力測定装置(μ-X360s)』を出展します。

本装置は、鉄、アルミなどの金属材料や加工品の残留応力、残留オーステナイト、半価幅を非接触・非破壊で測定する装置です。
1.主な特長
① 安全・安心設計 : 低出力X線管(45W)で、3メートル離れれば自然界の放射線以下。可動部もなし。
② 世界最小・最軽量、省電力 : 総重量約10s。最大電力150W。バッテリで長時間稼働可。
③ 高速測定 : 1ポイント当たり約60秒で測定。マーカとカメラで位置合わせ簡単。
④ 高精度測定 : 全周500個の断面(プロファイル)を取得し解析。単一入射により高い繰返し精度を実現。
⑤ 回折環100%表示 : 測定結果の良し悪し、金属表面(粗大結晶、配向)の状態を視覚的に判断。
⑥ X線管球交換 : ユーザにて最大5種類のX線管球(Cr、V、Mn、Cu、Co)を交換可。
⑦ 低価格 : 価格は従来装置の約3分の1。
⑧ 豊富な実績 : 累計販売台数200台を突破。出張計測サービス、レンタルにも対応。
2.主な用途
① 橋梁、道路、トンネルなどの各種インフラや大型構造物(石油タンク、プラントなど)の余寿命診断
② 溶接・切削・研磨、表面改質、熱処理、塑性加工などの工程改善、不具合解析、品質管理
③ 金型などの最適な補修時期の把握

※ 弊社ブース内において、本装置や活用事例に関するプレゼンを随時実施します。
※ 実機を展示しますので、試料をお持ちいただければ、その場でテスト測定します。
※ お客様へ出向いてのデモやテスト測定をご希望の際は、お気軽にお問い合わせください。

近年、高度経済成長下で実施された社会資本などの老朽化が深刻化しており、痛ましい事故も報道されておりますが、メンテナンスや新設時期の把握が非常に困難であり、関係者を悩ませています。
金属の疲労や老朽化には残留応力が深くかかわっており、その測定ニーズも年々高まっていますので、この機会に是非、本装置をご覧いただき、今後の対策の一助としていただければ幸いです。
小間番号1D-21でお待ち申し上げております。

展示会URL https://www.jma.or.jp/mente/outline/infra.html
お問い合わせ
 新着情報履歴へ




プライバシーポリシー