PULSTECパルステック工業株式会社English
お問い合わせ営業日案内サイトマップ
トップページ製品情報研究開発サポート情報IR情報会社情報採用情報
トップページ  >  新着情報履歴  >  テクノトランスファー in かわさき 2017 ―第30回先端技術見本市― 出展のご案内
新着情報履歴


  
 テクノトランスファー in かわさき 2017 ―第30回先端技術見本市―
出展のご案内

 展示会 テクノトランスファー in かわさき 2017 ―第30回先端技術見本市―

会期中は多数のご来場ありがとうございました。
製品に関するお問い合わせは、どうぞお気軽にお寄せ下さい。
開催日
2017年7月12日(水)〜14日(金)
10:00〜17:00
場所
かながわサイエンスパーク「KSP」イノベーションセンター西棟
(川崎市高津区坂戸3-2-1)
コンセプト

『テクノトランスファーinかわさき2017 ―第30回先端技術見本市―』は、 『新たな技術で創る未来』をテーマに、「産業機器・ICT関連分野」、「産学連携」、「企業間ネットワーク」の3つの分野に加え、今回は「医療・健康関連部門」が新設され、新技術・新製品の発表と販路開拓を目的とした見本市です。

今回は、『検体検査用蛍光検出装置』と『医療診断用蛍光検出ヘッド』を出展いたします。また、弊社の「医療・ヘルスケアに関する取組み」について、ご紹介いたします。

皆様のご来場を、心よりお待ち申し上げております。

※デモやレンタル等もお受けいたしておりますので、ご希望のお客様はお気軽にお問い合わせください。

展示製品 検体検査用蛍光検出装置(リキッドバイオプシー用途に最適)
本ユニットは、血液やぬぐい液などの検体検査を、汎用性のある蛍光/吸光検出ユニットで、遺伝子学や免疫学などの研究に必要な多励起・多検体に対応できる装置を構築することができます。
検査試薬に応じた高感度蛍光検出ユニットと温度制御ステージを搭載することにより、小型・少量・高速検出を実現し、サンプル評価を高速に行うことができます。
※リキッドバイオプシー:血液などの体液サンプルを使って診断や治療効果予測を行う技術
医療診断用蛍光検出ヘッド(POCT用途に最適)
高感度光電変換処理技術を応用し、高輝度LEDや高感度PDを活用することにより、小型で安価な蛍光検出ヘッドを開発しました。ヘッドの様々なカスタマイズや前処理を組み込んだ装置化にも対応いたします。
※POCT:臨床現場即時検査
セミナー

弊社主催セミナーとして、
「光波センシング技術による医療機器に関する取組み」について、講演させていただきます。
開催日時場所:7月13日(木)13:00〜13:50 KSP 7F 711会議室

展示会URL http://www.tech-kawasaki.jp/ttk2017/index.html
お問い合わせ
 新着情報履歴へ




プライバシーポリシー