PULSTECパルステック工業株式会社English
お問い合わせ営業日案内サイトマップ
トップページ製品情報研究開発サポート情報IR情報会社情報採用情報
トップページ  >  新着情報履歴  >  第46回 インターネプコンジャパン、第9回 オートモーティブワールド 出展のご案内
新着情報履歴


  
 第46回 インターネプコンジャパン、第9回 オートモーティブワールド 出展のご案内

 展示会 第46回 インターネプコンジャパン

会期中は多数のご来場ありがとうございました。
製品に関するお問い合わせは、どうぞお気軽にお寄せ下さい。
開催日
2017年1月18日(水)〜20日(金)
10:00〜18:00 (最終日のみ17:00で終了)
場所
東京ビッグサイト 東2ホール 静岡県ブース内(小間番号:E10-4)
コンセプト

『インターネプコンジャパン』は、エレクトロニクス機器の多機能化・高性能化を支える最新の製造技術・実装技術が展示されており、国内外の機器メーカ・半導体メーカ・自動車/電装品メーカとの商談の場として定着しています。

弊社はカメラレンズや光学素子の性能評価用に使用される『高速波面センサ』、『非接触 透明体厚み・うねり計測装置』を出展いたします。

お客様のニーズやご要望に基づき、個別対応もしておりますので、この機会に是非とも弊社ブースにお立ち寄りいただき、お客様のニーズ・ご要望をお聞かせください。
東2ホール 静岡県ブース内(小間番号:E10-4)で、お待ち申し上げております。

展示製品 高速波面センサ PWS-500PWS-1000
光源や光学素子の収差をリアルタイムに計測することができます。最大36項までのZernike多項式・Seidel収差係数および総合波面収差を計測するとともに、任意設定により合否判定できます。また、弊社の波面センサは、Shack-Hartmann方式を採用しており、小形・軽量で、計測のダイナミックレンジも広く、対環境性・高速性に優れています。
非接触 透明体厚み・うねり計測装置 HM-1000

光学デバイスの多層膜の厚みや光学モジュール内部の空隙の距離・うねりなどを非接触・非破壊で計測する装置です。

展示会URL http://www.nepconjapan.jp/
補足事項 同時開催の『オートモーティブ ワールド』には、ポータブル型X線残留応力測定装置『μ-X360s』を出展します。
東7ホール 小間番号:E65-42
展示会URL :http://www.automotiveworld.jp/

 展示会 第9回 オートモーティブワールド

会期中は多数のご来場ありがとうございました。
製品に関するお問い合わせは、どうぞお気軽にお寄せ下さい。
開催日
2017年1月18日(水)〜20日(金)
10:00〜18:00 (最終日のみ17:00で終了)
場所
東京ビッグサイト  東7ホール 小間番号:E65-42
コンセプト

『第9回 オートモーティブ ワールド』は、アジア最大級のクルマの次世代技術専門展で、5つの専門展示会(カーエレクトロニクス技術展、EV・HEV駆動システム技術展、クルマの軽量化技術展、コネクティッド・カーEXPO、自動車部品加工EXPO)で構成され、世界中の自動車メーカ・自動車部品メーカとの技術相談・商談を目的とした展示会です。
弊社は、「自動車部品加工EXPO」の測定・検査ゾーンにて、『ポータブル型X線残留応力測定装置(μ-X360s)』と、『3D計測サービス』をご紹介させていただきます。

この機会に、是非とも弊社ブースにお立ち寄りください。
東京ビックサイト 東7ホール 小間番号:E65-42で、お待ち申し上げております。

展示製品 ポータブル型X線残留応力測定装置 μ-X360s
鉄、アルミ、チタンなどの金属材料やその加工品に内在している「残留応力」、「残留オーステナイト」、「半価幅」(硬さと相関あり。)を、非接触・非破壊で簡単に計測できる装置です。
最新モデルの『μ-X360s』は、『世界最小・最軽量』を実現し、今まで計測不可能であった狭い個所や大型構造物でも非破壊で簡単に計測できるほか、1ポイント当たり60秒(従来製品は90秒)で計測できます。
また、最大5種類のX線管球を交換して使用できるので、本装置1台で多種類の金属材料を計測できます。
本装置の用途は、溶接、切削、研磨、表面改質、熱処理、塑性加工などの技術開発、工程管理、品質検査、不具合解析などのほか、金型、工場設備、大型構造物の余寿命診断や最適な補修時期の把握などに使用されています。
今回は最新モデル『μ-X360s』を展示しますので、試料をお持ちいただければその場でデモ計測いたします。
さらに、本装置の活用事例や実績などについて、プレゼンテーションを行います。
3D計測サービス

3Dデータを必要としている測定対象物について、お客様のご依頼に基づき、弊社専任エンジニアによって3D計測を行い、指定されたフォーマットの3Dデータに変換して提供させていただくサービスです。
3Dスキャナメーカとしての強みを生かし、測定対象物と3Dデータの利用目的に応じて最適な機材を選定し計測しますので、質の高い3Dデータを提供することができます。
『計測サービス』をご利用いただくことで、高額設備の調達、維持・管理や煩わしい計測作業は不要となり、お客様は本来の仕事(形状検査、複製物の製作、CG制作他)に専念できますので、時間短縮やコスト低減など、十分なメリットをご享受いただけます。
展示会場において、『3D計測サービス』に関するご要望をお聞かせいただいたお客様への特典として、一定の条件に基づき、希望される測定対象物の3Dデータ(データ形式は弊社指定となります。)を無償で提供させていただきます。

展示会URL http://www.automotiveworld.jp/
補足事項 同時開催の『インターネプコンジャパン』には、『高速波面センサ 』と『透明体厚み・うねり計測装置』を出展します。
東2ホール 静岡県ブース内(小間番号:E10-4)
展示会URL :http://www.nepcon.jp/
お問い合わせ
 新着情報履歴へ




プライバシーポリシー