PULSTECパルステック工業株式会社English
お問い合わせ営業日案内サイトマップ
トップページ製品情報研究開発サポート情報IR情報会社情報採用情報
トップページ  >  新着情報履歴  >  INTERMOLD 2016(第27回金型加工技術展) 出展のご案内
新着情報履歴


  
 INTERMOLD 2016(第27回金型加工技術展) 出展のご案内

 展示会 INTERMOLD 2016(第27回金型加工技術展)

会期中は多数のご来場ありがとうございました。
製品に関するお問い合わせは、どうぞお気軽にお寄せ下さい。
開催日

2016年4月20日(水)〜4月23日(土)
10:00〜17:00(最終日のみ16:00まで)

場所
インテックス大阪 (型技術協会ブース内に展示 小間番号:6B-226)
展示製品
ポータブル型X線残留応力測定装置 μ-X360n
コンセプト

『INTERMOLD 2016(第27回金型加工技術展) 』は、最新の金型加工技術を集めた専門展示会です。
弊社は、「一般社団法人型技術協会」の出展ブース内にて、『ポータブル型X線残留応力測定装置(μ-X360n)』を出展します。

『ポータブル型X線残留応力測定装置(μ-X360n)』は、鉄、アルミなどの金属材料や加工品に内在している残留応力、残留オーステナイト量、半価幅を非接触・非破壊で測定する装置です。
小型・軽量で、X線量は業界最小(2m離れれば自然界とほぼ同等)であり、1ポイントの計測時間は約90秒、従来機のような精密な位置合わせは不要(高さ方向の許容範囲±5mm)、操作も簡単、単一入射方式の採用により繰返し精度も極めて高く、価格は従来機の約3分の1を実現し、累計販売実績は130台を超えました。
各種金型のメンテナンス時期の把握や余寿命診断、鋳造/鍛造/プレス成形品などの歩留まり改善や品質管理にも有効な手段として使用されています。
現場でも簡単に短時間で精度良く非破壊で測定できますので、この機会に是非実機をご覧ください。

【小間番号:6B-226(型技術協会ブース内)】にてお待ちしております。
※出展マップ上の表示は【型技術協会(6B-226)】と記載されていますので、お越しの際はご注意ください。

展示会URL https://www.intermold.jp/
お問い合わせ
 新着情報履歴へ




プライバシーポリシー