PULSTECパルステック工業株式会社English
お問い合わせ営業日案内サイトマップ
トップページ製品情報研究開発サポート情報IR情報会社情報採用情報
トップページ  >  新着情報履歴  >  第8回 オートモーティブワールド内 自動車部品加工EXPO 出展のご案内
新着情報履歴


  
 第8回 オートモーティブワールド内 自動車部品加工EXPO 出展のご案内

 展示会 第8回 オートモーティブワールド内 自動車部品加工EXPO

会期中は多数のご来場ありがとうございました。
製品に関するお問い合わせは、どうぞお気軽にお寄せ下さい。
開催日

2016年1月13日(水)〜1月15日(金)
10:00〜18:00(最終日は17:00終了)

場所
東京ビッグサイト 西展示場2階 W25-54
展示製品
ポータブル型X線残留応力測定装置 μ-X360n
3Dスキャナによる計測サービス
コンセプト

 『第8回 オートモーティブ ワールド』は、アジア最大級のクルマの次世代技術専門展で、5つの専門展示会(第8回カーエレクトロニクス技術展、第7回EV・HEV駆動システム技術展、第6回クルマの軽量化技術展、第4回コネクティッド・カーEXPO、第2回自動車部品加工EXPO)で構成され、世界中の自動車メーカ・自動車部品メーカとの技術相談・商談を目的とした展示会です。
弊社は、「第2回自動車部品加工EXPO」の測定・検査ゾーンにて、『ポータブル型X線残留応力測定装置(μ-X360n)』の実機展示と、『3Dスキャナによる計測サービス』をご紹介させていただきます。

『ポータブル型X線残留応力測定装置(μ-X360n)』は、鉄、アルミなどの金属材料や加工品に内在している残留応力、残留オーステナイト量、半価幅を非接触・非破壊で測定する装置です。
小型・軽量で、X線量は業界最小(2m離れれば自然界とほぼ同等)であり、1ポイントの計測時間は約90秒、従来機のような精密メカは不要(高さ方向の許容範囲±5mm)、操作も簡単、単一入射方式により繰返し精度も極めて高く、価格は従来機の約3分の1を実現した画期的な装置です。
主な用途は、溶接・切削・研磨、表面改質(ex.ショットピーニング、ショットブラスト)、熱処理(ex.焼入れ、焼鈍)、塑性加工(ex.圧延、プレス)などの工程改善、不具合解析、品質管理のほか、橋梁や大型プラントなどの余寿命診断などに使用されています。
今回は実機を展示しますので、試料をお持ちいただければ、その場で無料計測いたします。

『3Dスキャナによる計測サービス』は、お客様からのご依頼に基づき、弊社の専門スタッフが計測対象物の三次元形状を3Dスキャナにて計測し、お客様のご希望に合わせたフォーマットの3Dデータとして提供させていただくサービスです。
非接触で三次元の形状計測を精度良く行うには、高価な測定機器やソフト、高度な技術やノウハウなどが必要になります。
3Dスキャナのトップメーカである弊社は、各種測定機器を保有しており計測ノウハウも豊富ですので、弊社に3D計測を依頼いただければ、お客様は本来の仕事(検査、複製物の製作、CG制作他)に専念できますので、トータル的な時間短縮やコスト削減が図れます。
なお、展示会場での3D計測は今回対応いたしませんが、計測サービスにご興味のある方は、会場にて詳細をお伺いいたしますので、気軽にご相談ください。展示会での商談の特典として、3Dのサンプル計測を無償対応いたします(出力データ形式は弊社指定となります)。

[西展示場2階(W25-54)] にて皆様のご来場を心よりお待ち申しあげております。

展示会URL http://www.automotiveworld.jp/ja/
お問い合わせ
 新着情報履歴へ




プライバシーポリシー