PULSTECパルステック工業株式会社English
お問い合わせ 営業日案内 サイトマップ
トップページ製品情報研究開発サポート情報IR情報会社情報採用情報
トップページ > IR情報 > ニュース
IR情報
パルステック工業の概要
業績推移
財務情報
投資家向け説明会
電子公告
プレスリリース
ニュース
IRスケジュール
株式情報

IRに関してのお問い合わせ

ニュース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2016年04月01日   浜松市新エネ・省エネ対策トップランナー認定制度「トップランナー大賞」を受賞しました    
 2015年06月22日   日本塑性加工学会賞「技術開発賞」を受賞しました    

 2014年08月08日

  「平成25年度日本非破壊検査協会学術奨励賞」を受賞しました    
 2011年11月30日   ETロボコン2011 チャンピオンシップ大会 競技部門3位入賞    
 2010年12月08日   第5回モノづくり連携大賞「中小企業部門賞」を受賞しました    
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 浜松市新エネ・省エネ対策トップランナー認定制度「トップランナー大賞」を受賞しました


 当社は、浜松市が実施しております「浜松市新エネ・省エネ対策トップランナー認定制度」に申請を行い、この審査の結果、中小企業の部において「トップランナー大賞」を受賞しました。
 受賞の詳細についてはこちらの「浜松市新エネ・省エネ対策トップランナー認定制度大賞受賞のお知らせ」をご覧ください。

2016.04.01

上へ戻る

 日本塑性加工学会賞「技術開発賞」を受賞しました

 平成27年5月29日、慶應義塾大学矢上キャンパスにおいて、一般社団法人日本機械学会と一般社団法人日本塑性加工学会の共催による「平成27年度塑性加工春季講演会」が開催され、当社製品の 『ポータブル型]線残留応力測定装置(μ-X360)』 が日本塑性加工学会賞の「技術開発賞」を受賞し、一般社団法人日本塑性加工学会会長 木村昌平様から、表彰状と記念メダルを授与されました。
 今回の受賞理由は、従来装置にないポータブル性、短時間計測、低]線量などを本装置で実現したことであり、当社の技術開発力が高く評価されました。
 国立大学法人名古屋工業大学 北村憲彦教授(一般社団法人日本塑性加工学会東海支部幹事)からは、「本装置の優れた技術を本学会や塑性加工技術の向上に役立ててください。」とのコメントをいただきました。
 この受賞を励みに、さらなる技術の研鑽と新製品開発に注力してまいります。

2015.06.22

上へ戻る

 平成25年度 「日本非破壊検査協会学術奨励賞」を受賞しました


 平成25年度に当社が行った研究テーマ「二次元検出器方式による現場適用が可能な]線応力測定」が表彰対象となり、一般社団法人日本非破壊検査協会の審査において、非破壊検査技術の向上に寄与するところ大であるとの評価を受け、 平成26年6月4日付で『平成25年度日本非破壊検査協会学術奨励賞』として表彰されました。

 この研究テーマには、非破壊、小型・軽量、高速・高精度測定、簡単操作、低価格を実現した当社製品 『ポータブル型]線残留応力測定装置(μ-X360)』を使用しました。

2014.08.08

上へ戻る

 ETロボコン2011 チャンピオンシップ大会 競技部門3位入賞

 

 11月16、17日パシフィコ横浜でETロボコン2011チャンピオンシップ大会が開催され、当社より出場した「Impressions」が競技部門において、3位に入賞いたしました。

 当社は2008年より4年連続で参加しており、チャンピオンシップ大会への出場が2回目となる今回、初入賞をしました。

 ETロボコンとは組込みシステム開発におけるソフトウエア設計技術をテーマにしたコンテストです。同一のハードウエアを使用し、規定コースの走行タイムを競う「競技部門」と、ソフトウェアの設計モデルを競う「モデル部門」において、設計から競技結果に至る総合的なソフトウエアの設計技術を競います。
 チャンピオンシップ大会は全国からエントリーした338チームのうち各地区大会において上位に入賞した52チームにより開催されました。

2011.11.30

上へ戻る

 第5回モノづくり連携大賞「中小企業部門賞」を受賞しました


 当社は産学官連携グループとして、『はままつ発モノづくりと医療の融合―世界初の機能を持つ内視鏡手術ナビゲーターの開発―』のテーマで第5回モノづくり連携大賞(日刊工業新聞社主催)の「中小企業部門賞」を受賞しました。

 患者の位置情報を計測するスキャナを担当し、世界初の機能を持つ内視鏡手術ナビゲーターの開発に貢献しました。

 受賞対象は、パルステック工業(株)(浜松市)、浜松医科大学(浜松市)、(株)アメリオ(浜松市)、(株)ゾディアック(浜松市)、(株)エヌエスティー(浜松市)、永島医科器械(株)(東京都)、(財)浜松地域テクノポリス推進機構(浜松市)、JSTイノベーションサテライト静岡(浜松市)の産学官連携グループです。


受賞の詳細についてはこちらのページ右の第5回受賞案件A紙面紹介を参照してください。
http://www.nikkan.co.jp/sangakukan/(日刊工業新聞社HPにジャンプします)

耳鼻咽喉科用手術ナビケーションシステム(当社HP研究開発)

2010.12.8

上へ戻る

 
 


 IR情報のトップへ




プライバシーポリシー